太陽光発電の点検は定期的に行おう

点検は定期的に 太陽光発電も物である以上、不具合を起こすかもしれません。
ですが点検が蔑ろにされがちなのです。
何故なら状態を見る事が出来ないからです。
太陽光発電は屋根に設置されているのがほとんどです。
そうなると間近でみるのはほぼ無理です。
発見できるとしたら、晴れているにもかかわらず発電されない事をモニターを見て知る事でしょうか。
定期的にモニターチェックするならともかく、そうでない家庭は故障しているかどうかもわからない状態になる可能性があります。
それが続くとせっかくの発電できるチャンスを逃す事になります。
それでは太陽光発電を設置している意味がないので、それを防ぐためにも定期的に点検をお願いしましょう。
故障以外でも何かが引っかかって太陽光発電を邪魔しているケースがあるので、不具合の時でなく定期的にというのがポイントです。
このケース以外でも強風などの影響で不具合を起こすかもしれません。
そこでなるべく発電量を普段から把握しておく事をオススメします。

太陽光発電の撤去相場と現状について

太陽光発電は急速な普及と合わせてその設置ばかりが注目されて来ましたが、永続的に稼働する設備では無い事から何れは撤去の必要性も生じます。
その場合、当然ながら費用が発生します。
太陽光発電が撤去される状況は、主に2つが想定されます。
1つは家屋そのものを取り壊すのに合わせた場合、もう1つが設備のみを廃用とする場合です。
前者の場合は工事が纏めて行えるので家屋解体費用に数万円程度を追加する形になるのに対し、後者に関しては工事費・処理費・人件費等を合算すると設置時と同様の数十万円単位となるのが現状の相場となります。
取り外された設備は再資源化の対象となり、2014年からは財団法人の運営による回収サービスも行われています。
また発電パネルについては状態次第では中古市場に出回るようにもなって来ており、実際に売却が行えたケースについては利益が還元される形で実質的に工事費が差し引かれるようなサービスの体制も整いつつあります。

check

防犯カメラの設置を代行

Last update:2017/10/23