太陽光発電のメンテナンスについて

太陽光発電のメンテナンスについて 太陽光発電をする場合にはソーラーパネルなどを設置しますが、その設置場所は屋外になりまります。
屋外ということは常に紫外線だけでなくホコリや風雨にさらされるため、何もせずに放置していると汚れが溜まっていくことになります。
太陽光発電はソーラーパネルに汚れ付着してしまうと得られるエネルギーが少なくなり、効率が悪くなってしまいます。
効率が悪くなるということは発電量も少なくなってしまうため、定期的に掃除をして万全な状態に保つことが重要になってきます。
またメンテナンスをすることもとても重要なことであり、太陽光発電では太陽光を電気エネルギーに変換するモジュールだけでなく接続箱やメーター、パワーコンディショナーなどと配線により繋がっています。
そのためこれらの機器のいずれかに不具合が発生していると、機能しなくなることがあります。
そのため定期的なメンテナンスを行なうことで、発生しそうな不具合を未然に防ぎ問題なく使うことができるようにします。

太陽光発電の施工の流れ

太陽光発電の施工の流れですが、まずは電話やインターネットのホームページ上からの問合せに業者が対応し、くわしい説明を行います。
その後は太陽光発電システムの設置が予定される場所の現地調査を実施し、実際に施工が可能な適地であるかどうか、もし設置するとすればパネルなどをどのように配置するのが望ましいかを検討します。
その結果をふまえて、業者からシステムの設計とともに、工事費用など太陽光発電システム全体としての価格の見積り、実際に稼働した場合の収支のシミュレーションなどの資料が提示されることになります。
こうした資料の内容に納得ができれば、いよいよ契約を締結となりますが、この場合、国に対しての補助金の申請手続きなども同時にクリアしなければならないため、多少の待ち時間がかかりますが、補助金のめどがつけば着工に入り、安全性にも考慮しつつ、パネルの設置やメーターの設置が行われて、すべて完了すれば、発電および売電が可能な状態となります。

注目サイト

最終更新日:2018/11/15