太陽光発電の変換効率は発展途上

太陽光発電の変換効率は発展途上 太陽光発電における変換効率とは、太陽エネルギーをどれだけ電気に変換できたのかを数字で表したものです。10%は、100の太陽光エネルギーを受けて10の電気をつくったということを意味します。できた電気の量を受けた太陽エネルギーの量で割ることで導き出すことができます。
現在、太陽光発電による変換効率は、10%台と決して高くはありません。しかし太陽光は無尽蔵のエネルギーであり、尽きることがありません。自然エネルギーを電気の資源として使える点に大きな意味があります。火力発電に必要な石油や石炭は、タダではありません。
しかし太陽光は、無尽蔵の自然エネルギーですので、たった10%でも活用できれば、資源の無駄遣いを減らすことができます。
石油や石炭は、限りある資源です。今のペースで使い続けると、近い将来必ず枯渇します。原子力発電は、実際のところはどうあれ、安全性に不安を感じる人が多いことは事実です。
バイオ発電等がまだまだ発展途中であることなどを考えると、太陽光発電は、今最も力を入れるべき電力技術でしょう。

太陽光発電は曇りの時はどうするの

最近、太陽光発電について注目されていますが、太陽光発電とは太陽電池を用いて、太陽の光を直接電気に変換するものです。太陽の自然の恵みを生かして電力として貢献するため環境にも優しいエネルギーなのです。
実は、太陽光のエネルギー量を100%変換できるとしたら、世界で年間に消費するエネルギーをなんと60分で作ることができてしまうのです。巨大なエネルギーであり、しかも、太陽がそこにある限りなくなる心配がないのです。
我が国では、エネルギー資源のほとんど輸入に頼っていますが、もしこうした無尽蔵のエネルギーを上手に使うことができれば深刻化するエネルギー資源問題を解決することができるかもしれません。
このようにエネルギー源を簡単に手に入れることができ、簡単にやさしい太陽光発電ですが、一つ問題があります。もし、曇りの日が続いたらどうするのかということです。
これに関しては、曇りでも全く光がないわけではありません。物体が見える以上少ない量ですが光はあります。もちろん発電も弱いですが可能です。

おすすめWEBサイト 5選


池袋でパーソナルトレーニングを行っています

Last update:2020/1/29