太陽光発電を導入すると便利になることも多いです

太陽光発電を導入すると便利になることも多いです 住宅を選ぶとき、太陽光発電を導入すると生活はさらに便利になります。
電気はライフラインの中でも復旧の早いのが特徴で、光熱費をこれ一本に絞ったオール電化にすればガスを使わないため光熱費が節約になりますが、電気自体も太陽光発電で自家発電できるとさらに光熱費は安くなります。
最近では太陽光のパネルも開発が進み、昔よりもずっと発電効率のいいものが昔よりずっと安く製品化されるようになってきました。よって設置料金も含めてかなり短い期間で元を取れるようになりました。
また、発電した余剰の電気を売ればその分は利益となります。これを夜間電力など使用した電気分へまわせば電気料金を安く抑えることができます。日中の単価の高い電力は使わず、太陽光で発電した電力を使うようにし、夜間の安い電力と蓄電を併用することによって電気料金ゼロの可能性もあります。
オール電化にするなら太陽光発電を併用するのはとてもメリットのあることです。

太陽電池のセルとは

太陽光発電のセルは、シリコンなどの半導体で構成され、太陽の光エネルギーが当たると日射強度に比例して直接電気に変えるエネルギー変換素子です。
太陽光発電として最も一般的なのがシリコン系のセルであり、太陽光が当たると発生する正孔(+)を引き付けるp型と電子(-)を引き付けるn型の半導体を重ね合わせた構造になっています。
シリコン系には、結晶系の単結晶シリコンや多結晶シリコン、ヘテロ接合型に加えて、薄膜系のアモルファスシリコンや薄膜多結晶シリコンがあります。
現在シリコン系太陽光発電で問題となっているのが、太陽電池モジュール1m2当り、1kWの光エネルギーを何%電気エネルギーに変換できるかを表す変換効率です。
シリコン系のpn単接合セルでは、エネルギー変換出来る波長域が限定されてしまう為、変換効率の限界が約30%となり曇りのや雨の日には十分な発電量が得られないとして、各波長域の光子エネルギーを得る為に3接合や4接合などの多重接合が研究されています。
多重接合により理論上変換効率が約86%まで引き上げる事が可能とされています。

Valuable information

茨木で相続の相談

2017/11/24 更新